My Abarth Days 2022

ABARTH 595 Online

ABARTH アバルト 595 695 限定モデル/限定カラー モーターショー

アバルトが『500』から『595』に進化!2013東京オートサロンで”695マセラティ”と共に展示

投稿日:2013-01-11 更新日:

【東京オートサロン2013】アバルト、セミATの「595」とマセラティとのコラボモデルを発表

フィアット クライスラー ジャパンは、「東京オートサロン2013 with NAPAC」にアバルトブースを出展し、「アバルト595」と「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」を公開したほか、2013年スーパー耐久シリーズに参戦することを発表した。

■ブースの主役は2台のニューモデル

今年のアバルトブースには、「アバルト500」シリーズのニューモデルである「アバルト595」と、特別限定車「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」の2台が展示された。

「アバルト595」は、仕様や装備を充実させた「アバルト500」シリーズの上級バージョンである。エンジンやシャシーは、従来の「エッセエッセ(esseesse)キット」装着車に準じたもので、エンジン出力はベース車を25ps上回る160ps。トランスミッションは「アバルト500」がMTのみの設定なのに対し、こちらは全車5段セミATとなっている。

ラインナップは、快適性や上質感を重視した「アバルト595ツーリズモ」(319万円)と、スポーツ性を重視した「同コンペティツィオーネ」(339万円)、カブリオレバージョンの「アバルト595Cツーリズモ」(349万円)の3種類で、発表同日(2013年1月11日)に販売を開始。今回は3グレードのなかから「アバルト595コンペティツィオーネ」が展示された。

もう1台の「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」は、「アバルト695トリブート フェラーリ」に続くコラボレーションモデルの第2弾。ボディーカラーには3層メタリック塗装の「ポンテベッキオ ボルドー」のみが設定され、足まわりにはマセラティのエンブレムをモチーフとした専用デザインの17インチホイールや、サンドベージュのレザーシート、JBL製のサウンドシステムなどが装備される。

パワートレインは「トリブート フェラーリ」と共通で、180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpmの1.4リッターターボエンジンと、5段セミATの組み合わせ。日本への割り当ては100台で、499万円の価格で2013年2月1日より予約受付が開始される。

これらのニューモデル発売のほか、今回のオートサロンではスーパー耐久シリーズへの参戦についてもアナウンスされた。

出場チームは「museo cinquecento racing team(ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム)」(代表:伊藤精朗氏)で、アバルトのドライビングセミナーである「アバルト ドライビング ファン スクール」が参戦をサポート。マシンには、欧州ではワンメイクレースにも用いられる「アバルト695アセットコルセ」が、ドライバーには福山英朗選手と桧井保孝選手、大文字賢浩選手の3人が起用される。

 

abarth595 minor change 2013 Tokyo

abarth595 minor change 2013 Tokyo

 

abarth595 minor change 2013 Tokyo

 

 

 

同時にフィアット クライスラー ジャパン 社長 兼CEO ポンタス・ヘグストロム氏は、フィアット クライスラー ジャパンの2012年の業績概要を説明した。

日本自動車輸入組合が昨日発表したように2012年のインポート車登録台数は前年比で17%のプラスにだったがフィアット クライスラー ジャパンはその2倍34%の成長を遂げた。

特にアルファロメオブランドは最も売れている新型ジュリエッタの発売と共に139%の成長率を計った。またジープブランドも58%の売り上げを上級。2012年には3つのイタリアブランドの売り上げ台数が1万台を超えたことも明らかにした。

新型『アバルト 595 コンペティツィオーネ』はスペックを強化し、特に5段速のコンペティツィオーネギアボックスを搭載している。そして日本限定100台の『アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ』はマセラティとのコラボで制作されたものだ。

 

 

 

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のホイール。マセラティのエンブレムである「トライデント(三叉の銛)」をモチーフとしたスポークのデザインが特徴的。

 

 

 

FCAジャパン(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、2013年1月11日、東京オートサロン2013にて、マイナーチェンジを施されたアバルト500(チンクエチェント)の新モデル『アバルト595』の導入に加えて、マセラティ(Maserati)とABARTHのコラボレーションモデルとなる特別限定車「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」を出展した。

アバルト・695エディツィオーネ・マセラティ(Abarth 695 EDIZIONE MASERATI)とは、アバルトが世界限定499台、うち日本では100台販売していたアバルト・595をベースとした自動車。「アバルト・695トリブート・フェラーリ」に続くコラボレーション企画の第2弾で、アバルトとフィアット傘下にある自動車メーカー・マセラティのダブルネーム。

695エディツィオーネ・マセラティは日本では2013年2月に100台が導入されることが発表され、車両本体価格は499万円とアナウンスされた。全世界で499台が限定生産されるうち100台が日本に割り当てられたのは、世界的に見て上位に入る日本での販売台数を加味したものだった。実際、日本で発売されるとすぐさま完売した。

695エディツィオーネ・マセラティは、アバルト・ファンのみならずマセラティ・オーナーのタウンカーとしての需要もあり、海外でも瞬く間に売り切れてしまった。追加生産を望む声が多かったことから、2014年に50台限定で生産されることになる。しかし初版と同じ仕様で作るのではなく、ボディカラーはグリッジョ・レコードと名付けられたダークシルバーとされ、ホイールはブラックに変更された。こちらも発表とともに完売したが、残念ながら日本に正式導入されることはなかった。

1802_Abarth_10
2014年に50台限定で生産された追加モデル。ボディカラーはグリッジョ・レコード、ホイールはブラックに変更された。

イタリアを象徴するふたつの名門ブランドのコラボレーションから誕生した695エディツィオーネ・マセラティは、今も世界中のクルマ趣味人にとって憧れの1台であり続けている。このようなコラボレーションモデルを実現できたのは、世界に誇るブランド力と存在感を身につけたアバルトだからこそといえるだろう。

 

 

アバルト695 エディツィオーネ マセラティ
ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI

全長:3655mm
全幅:1625mm
全高:1505mm
ホイールベース:2300mm
車両重量:1135kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC
ターボチャージャー
総排気量:1368cc
最高出力:180ps(132kW)/5500rpm
最大トルク|259Nm(25.5kgm) / 3,000 rpm
変速機:5段MTA
タイヤ:205/40R17
最高速度:225km/h
燃費|14.1 km/ℓ
CO2排出量|165 g/km
価格|499万円

 

 

 

マセラティとアバルトのコラボモデルが日本導入

アバルト&マセラティ…。組み合わせたアイコン

対照的なグリージョルーフ、アボリオレザー、17インチネプチューンアロイホイールを備えたユニークなマセラティカラーのボルドーポンテヴェッキオ。それらのリムは特筆に値します。これは、マセラティグラントゥーリズモSとまったく同じスタイリングのグリジオマーキュリーカラーです。写真は、塗料がどれだけの深さを与えるかを示しています。

アバルトはユニークな体験です。185 hp 1.4ターボを搭載した、これは非常に高速なバリエーションです。スポーツモードでのシフトの瞬間は素晴らしいです。スロットルをオフにすると、スポーツエキゾーストシステムで中毒性のあるランブルが発生します。オプションで、快適位置も選択できます。スポーツステアリングホイールのパドルを使用して、ドライバーは自分でギアを選択するため、自分で音楽を作成します。

世界中で499個の限定版があります。その結果、ほとんどの人は、すでにフェラーリ/マセラティを厩舎に置いているコレクターと所有者になってしまいました。

車は最初のドイツ人の所有者から来ています。文字が刻印された豪華なプレートでオランダの登録を含むこの車をお届けします。メンテナンスブックレット、取扱説明書、2つのオリジナルキーが完成しました。ボディカラーでもあの鍵…。

 

 

世界499台中100台が日本へ

フィアット クライスラー ジャパンは、「アバルト 500」のモデルバリエーション中、最高の性能を誇る「アバルト 695 トリブート フェラーリ」につづき、おなじ「695」を冠する特別限定車「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」を日本に導入すると、東京オートサロン2013にて発表した。

ベースとなるのはカブリオレバージョンの「アバルト 500」である、「アバルト 500C」。フィアット クライスラー ジャパンは卓越したスポーティさとマテリアルや細部へのこだわり、優れた快適性を同時に達成した、エレガンスとスポーティさを凝視したモデルと謳う。

ボディカラーは「ポンテベッキオ ボルドー」という3層メタリック塗装。ボディサイドには専用バッヂを装着する。足もとは、マセラティのエンブレム「トライデント」をモチーフとしたスポークが特徴的な17インチアロイホイール。2ウェイバルブのエクゾーストシステムは「レコードモンツァ」とよばれるもの。

 

 

インテリアに目をうつすと、サンドベージュのレザーシートには695のエンボスが施され、トリムなどにはカーボンプレートがあしらわれるほか、車両ナンバープレートを装着。オーディオは、JBL製のサウンドシステムを搭載する。

走行性能を支えるエンジンは、「アバルト 695 トリブート フェラーリ」同様、最高出力180psを発生する1.4リッター4気筒ターボエンジン。トランスミッションは、「アバルト 595」同様にATモード付きの5段シーケンシャルとなるが、変速時間が速い「アバルト コンペティツィオーネ」。さらにステアリングホイールにはパドルシフトを備える。性能の大幅な向上にあわせて、もちろんブレンボ製のブレーキをはじめ、シャシーにも強化が施されている。

世界499台限定の「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」。なんと日本には100台が導入される。価格は499万円。ステアリングは左。2月1日より予約受付を開始し、発売は3月1日となる。

資料参照:https://www.abarth.it/

-ABARTH アバルト, 595, 695, 限定モデル/限定カラー, モーターショー

Copyright© ABARTH 595 Online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.