My Abarth Days 2022

ABARTH 595 Online

ABARTH アバルト 595 695 限定モデル/限定カラー 旧アバルト/ヘリテージ車 モーターショー

「595 50° アニヴェルサリオ」新旧595 フランクフルト2013

投稿日:2013-09-13 更新日:

フィアットのアバルト部門はフランクフルトモーターショーに出向き、オリジナルの595SSの50周年を祝うために設計された299台の限定版である59550アニバーサリオを発売しました。嬉しいことに、自動車メーカーはスタンドに両方の車を並べて展示しました。

 

595 SSは、通常の500シティカーをベースにしています。これは、現代の対応車と共通の特徴です。両側に赤いグラフィックが施された白い塗装作業、ボンネットの「フィアットアバルト595」エンブレム、クォーターパネルのデッキリッドとオーダーメイドのエンブレムのおかげで、都市に住む500から際立っています。内部には、3本スポークの木製リムステアリングホイールと、4つのイエーガーゲージで構成される完全なインストルメントクラスターが備わっています。

595 SSは、デッキリッドの下に潜む595cc空冷2気筒にちなんで名付けられました。それは27馬力と31lb-ftを送ります。4速マニュアルトランスミッションを介して後輪にトルクを与え、31秒以上で髪の毛の停止から62 mph(100 km / h)に到達し、最高速度72 mph(116 km / h)に到達することを可能にします。

フィアットのデザイナーはオリジナルの595SSからインスピレーションを得ており、新しいモデルはレトロなスタイルのカラーリングと時代に合ったエンブレムを内外に備えています。

 

 

「595 50° アニヴェルサリオ」は299台限定

ブランドの出自に立ち戻ったと言うべきか、ホイールやマフラー、ステアリング、ペダル類などのアクセサリーを多数展示していたアバルト。ブースの主役は「595」のデビュー50周年(オリジナルの「アバルト595」は1963年デビュー)を記念した「595 50° アニヴェルサリオ」だった。
299台の限定車で、ボディーはつや消し白に赤いストライプという、記念モデルらしいおめでたいカラーリングである。シートとインテリアも同じカラーコンビネーションとなり、シートのバックレストには車名の「595」が赤い糸で刺しゅうされている。1.4リッターターボユニットは180psを発生する。

また、「695エディツィオーネ マセラティ」の第2弾となる“レコルドグレー”バージョンを発表。49台限定で発売する。第1弾のボディーカラーが“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(ワインレッド)だったの対し、こちらはその名にもあるとおりグレー(ガンメタリック)。キャンバストップは黒で、シートはビスケットを思わせるベージュとなる。

一方、同じフィアットグループのアルファ・ロメオは、「4C」を中心に置いた展示を行った。4C自体はすでに発表済みであるために、今回はその軽量な構造のアピールに力を入れていた。4Cの車重は乾燥重量で895kgしかない。240psを発生する1.75リッターの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.5秒。最高速は258km/hと発表されている。

資料参照:https://www.abarth.it/

-ABARTH アバルト, 595, 695, 限定モデル/限定カラー, 旧アバルト/ヘリテージ車, モーターショー

Copyright© ABARTH 595 Online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.